乾海苔

型番 乾海苔
定価 1,000円(税込1,080円)
販売価格 800円(税込864円)
購入数



内容量 :全型10枚入





昔は、日常で目にした「海苔を焼く」風景。
現在では、焼海苔が主流になり、姿を潜めております。

でもやっぱり海苔は焼きたてが一番!!
香ばしい風味を存分に味わうことが出来ます。

「海苔は食べる直前に焼きたい」と言う こだわりのお客様、通なお客様のために 上質の乾海苔をご用意いたしました。

昔ながらの東京湾、江戸前の海苔で、古き良き時代へタイムスリップしてみては・・・




焼海苔は時が経つほど香りが消えて行きます。
旨い焼海苔を美味しく味わっていただくためには、焼きたての海苔が一番です。
ここでは乾海苔の上手な焼き方についてご説明したいと思います。

*使用器具

  ・炭火・電気コンロ・電気調理器(おすすめ)
 →後で詳しく説明します。

・オーブントースター
 →手軽に焼くことが出来ますが、気を抜くと丸焦げになってしまいます。


*焼き方


焼く前の海苔はこのような感じです。
黒光りしているような色合いです。
触ると、しっとりとして柔らかい状態です。


光にかざしてみると、紫色のような色合いです。
この状態が「焼けていない」状態となります。
焼具合を確認する時のために、焼く前に色合いを確認しておいてください。


1、炭火・ガスコンロの場合、魚焼き網などを敷き、直接火が当たらないようにします。
(魚焼き網を使用する場合は臭いに注意してください。海苔は移り香しやすいです。)

2、火力は強火で。
(もし心配であれば、中火でじっくり焼いてください。)

3、火から少し離れた場所(手が暖かい程度の距離)で、乾燥させます。
乾海苔に残っている水分を蒸発させるイメージです。

4、両側をまんべん無く火にあぶります。

すばやく動かし、両面を何回も火に当てて、時間をかけてあぶるイメージです。
焼きすぎると苦くなり、焦げてしまいます。



5、きれいな深緑色に変化したら出来上がりです。

光にかざしてみると、よくわかると思います。



確かにちょっと手間は掛かりますが、焼き立ての香りは格別です。
私どもは毎日のように海苔を焼き、焼き方には自信を持っておりますが、
お客様が手間を掛け、心を込めた焼海苔には適わないと思っております。

日本の古き良き伝統文化。是非チャレンジしてみて下さい。

最近チェックした商品