荒葉椎茸130g

型番 荒葉椎茸130g
販売価格 1,100円(税込1,188円)
購入数

内容量 130g
葉かけの乾椎茸です。 炒め物やだしに惜しみなくお使い頂けます。

乾椎茸の戻し方

乾椎茸は戻し方によって旨みや香りの立ち方が大きく変わってきます。
水に戻して、冷蔵庫で保存すれば日持ちがするので時間があるときに多めに戻しておくと、とても便利です。

ヾツ蚤を水で洗います。

△罎辰りと戻す。
椎茸戻し前ボウルに【乾椎茸】と【ひたひたの水】を入れ、冷蔵庫の中でゆっくりと戻します。落し蓋をし、乾椎茸が沈んだ状態にするとより早く戻せます。
(目安:半日〜1日 肉厚なものだと2〜3日)

乾椎茸戻し前密閉容器で戻すと、そのまま冷蔵庫保存ができるので便利です。

あとは少しのポイントに気をつければおいしく戻せます。

ポイント
☆水温は低いものを使うべし!
干し椎茸は熱を加えると旨味成分が出てしまいます。
なのでなるべく冷たい水で戻してください。

☆なるべく美味しい水を使うべし!
カルキが多い水を使用すると味が変わってきてしまいます。
【湯冷まし】か【ミネラルウォーター】などがいいかもしれません。

☆容器は大きめ!水は多めに用意するべし!
乾椎茸は水を含むと約5倍大きくなります。
なので、容器は大きめのものを。水はしっかりと乾椎茸が水を吸えるように少し多めに入れてください。

慣れてきたら、戻し汁がなるべく少なくなるようにしてみましょう。そうすればなるべく旨味成分が流れでなくて美味しい椎茸になります。

しっかりと戻ると写真のように水分を含み、ぷっくりと艶が出ます。


さらにポイント

☆戻し汁も使うべし!
乾椎茸を戻したあの【茶色い水】!この水には【旨味成分】がたっぷり入っています。なので料理のダシに惜しみなく使いましょう。

☆天日干しするべし!
干し椎茸を水で戻す前に30分〜1時間天日干しすると【ビタミンD】の量が増えて一層ヘルシーになります。

ほかの生のキノコ類(シメジ・エリンギなど)も天日干しすると栄養が凝縮されるらしいです!

お時間がある方は是非お試し下さいませ!

最近チェックした商品